2009年10月06日

今そこにある危機(6)

 えっと。
 今回の記事は、もな兄の状態がよろしくないので、毎日20時に自動送信する設定になっていますので、コメント頂いても返答できません(毎日5分くらいは時間取れるので、スパムや誹謗中傷掃除くらいは出来ますケド)ー。
 昨日は、個人ニュースサイト様の閲覧者様層新規様ではなく、ほとんどがリピーター様であることが、個人ニュースサイト様にとって危機的状況と書きましたー。
 その理由なのですケド、以前、もなみは常連様によってサイトは衰退するという話を書きましたよねー。
 ただ、個人ニュースサイト様の場合、常連様による内輪ムードというのは発生しにくいので、そのままでは適用できませんー。
 ですから、これを補完する形で説明しますねー。
 そもそも、平均アクセス数が増えるサイト様というのは、どういう状況なのでしょうかー?
 これは、「リピーター様になるヒトの数>居なくなるリピーター様の数」というサイト様ですー。
 というのも、初めていらっしゃった閲覧者様(新規様)というのは、一時的なアクセス数の増大には寄与しますケド、平均アクセス数には影響を与えないからですー。
 じゃあ、リピーター様というのは、どうやって誕生するのでしょうかー?
 新規様がリピーター様になることで誕生しますー。
 つまり、新規様が居なかったら、リピーター様が増えることがないのですー。
 次に、リピーター様は永遠にリピーター様でしょうかー?
 もちろん、そんなことはありえませんー。
 何らかの事情によって、いつも見ていたサイトを見なくなるということはよくあることですから、リピーター様は減りますー。
 つまり、ほとんどがリピーター様のサイトというのは、閲覧者様が減る一方で、増えることがないのですー。
 ですから、個人ニュースサイト様はアクセス数が減る一方で、増えることがない状態、カゲキな言い方をするなら、緩やかに死につつある状態なのですー。
 そして、これが2つ前に書きました「個人ニュースサイト様は既に成熟期の後半から衰退期の前半を迎えている」という証拠でもありますー。
 そんなわけで、個人ニュースサイト様がピンチということは判っていただけたと思いますケド、このことがテキストサイト様にどのような影響を与えるのでしょうかー。

 もなQは、そのへんについて、明日書きますねー。
名無したん:くるもなー?
posted by もなみ9歳 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もな見
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32578530
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック