2004年11月13日

引用と転載

 えっと。
 最近、特に問題提起サイト様に「引用じゃない引用」が目立つような気がしますー。
 問題提起するのであれば説得力がなくちゃ祭りで終わってしまうわけで、だからこそ法律違反しないように注意しなければならないと思うんですケドねー。
 もなみは著作権法については何度も書いているのですケド、未だに誤解されているところがありましてー。
 どうも出典つけて別の色にするなりテーブルで囲うなり引用符つけるなりして本文と区別さえすれば引用を満たしていると思われている節があるようですー。
 もちろん、出典をつけるトカ、本文と引用文を区別できるようにするということが必要なのですケド、それって実は著作人格権の範囲の話で、引用に限らず、たとえ転載するのだとしても必須の要件なのですー。
 そして、引用については著作権法第三十二条に記載されているのですケド、
 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
 とあるとおり、引用は「報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内」で行わなくちゃいけないんですー。
 これは一般には「主従関係」という言葉を使うのですケド、まず自分の文章があって、その自分の文章のために必要最低限しか引用しちゃいけないんですよー。
 だから、全文「転載」しておきながら、ちょこっと付け足し的に自分の意見書くだけじゃ「引用」とは言わないのですねー。

 もなQは著作人格権に考慮してくれれば転載可にしていますので転載してくださっても構わないのですケド、だからこそ、転載は引用じゃなくてちゃんと転載と書いて欲しいなーと思いますー。
もなみ:本の値段なんて言い値ですからー。
名無し様:誰にも印税配分しないならあの値段は高価かな。と。スタッフコメント読むとやたらコストかかってるみたいですけど。
名無し様:毒男板で議論になってますが
(*゚ー゚)o様:電車男さんの本についての 著作権や印税配分などについて 所感などを長文レス置き場あたりに書いていただきたいものですねー
名無し様:懐疑派BLOG様へのアンチテーゼですかねー
名無し様:突然自称「電車男」が権利を主張しだしたりして…それも複数いたりしたら実に面白い。
名無し様:怖い話ですね。>訴訟
逆様:某MMOのことかと素で思った。
ミドレ様:同感です。ただ、ニュース記事から引用する場合は元記事のリンクがすぐ切れるので全文転載する人が多いようですね。
にゃ様:奥付けに、著作権者特定できないから無償での転載をご了承くださいとかありますねー
うにゅ。様:そういえば電車男って印税どうなるのでしょうかねぇ・・。
名無し様:電車男かなぁ
名無し様:ある書籍の「転載」か「引用で訴訟が起こったと聞いたことがありますなあ。
名無し様:絵が増えてる
名無し様:1get!
名無し様:初くるもなゲットー
posted by もなみ9歳 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もな見
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3377884

この記事へのトラックバック