2010年04月01日

さようなら科学

 えっと。
 学研の科学が3月号をもって終了したことはご存じだと思いますー。
 もなみも愛読していただけに、残念な気持ちと、当然という気持ちがごっちゃになって、ちょっとフクザツですねー。
 というのも、休刊理由として公式発表では少子化の影響ということになっているのですケド、実際は違うと思うからですー。
 実は最近の学研の科学って、肥満細胞は寄生虫が居てもIgE結合子の全てが埋まるわけではないため花粉症抑制効果が無いという科学的データや、南九州の回虫保有者の陽性率が非保有者と変わらない、中国では寄生虫感染者のほうが陽性率が高いという統計データなど、掲載には、とっくの昔に反証が出て否定された花粉症寄生虫説を、あたかも学会での定説のように語るような、最新動向に対する無知っぷりを披露されており、いくら子供向けとは言え、科学雑誌としてどうなの?と思えるような内容が多かったのですよねー。
 わかりやすいものとして、「まんがサイエンスX」として単行本化された一節を紹介したいと思いますー。
gakken.JPG
 これはBlu-rayディスクの説明なのですケド、速度が秒速6.6Km、つまり音速の19.4倍トカ書いてあるわけでー。
 もはや遠心分離機なんか目じゃないですねー!
 ところで、Blu-rayの実際の速度はどのくらいなのでしょうかー。
 まず、Blu-rayの仕様を見ますと、等速で2000rpmとなっているのですケド、実際にはBlu-rayビデオの仕様上、BD-ROMに関しては、1.5倍速の3000rpmからとなりますー。
 まー、とりあえずは等速で計算してみましょー。。
 さて、Blu-rayの直径は12cmですので、その外周は約37.7cmとなりますー。
 rpmは1分あたりの回転数ですので、秒速は0.377m×2000rpm÷60s=12.57mということになりますー。
 時速換算ですと45kmくらいですので、そこそこ速い感じですー。
 これを実際の1.5倍速規格で計算しなおしてみますと、秒速18.85m、分速が1.131km、時速が68kmとなりますー。
 確か規格上は最速で8倍速ですので、この場合の速度は時速362km、かなり速いと言えるでしょー。
 それにしても、こういう、「自分で調べてみる」「自分で検証してみる」という作業って、実は科学にとってもっとも重要なこと(科学的懐疑主義)だったりするわけですから、実は間違いも含めて立派な科学教育雑誌だったのかなートカ思ったりして、やっぱり無くなってしまうのは残念ですー。
 今日はエープリールフールですからねー。
 そんなわけで、もなQは今月からナショナルジオグラフィックを定期購d
 今日はエープリールフールですからねー。

名無したん:おひさしぶりーにくるもなげっとです
posted by もなみ9歳 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | もな見
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36784056
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック