2007年08月16日

メイド喫茶進化論5

 えっと。
 メイド喫茶進化論もいよいよ大詰め、これからは実際のお店にスポットを当てて、コンセプトベースとは何かを考えてみたいと思いますー。
 この話題を振る以上、取り上げなければならないお店、それは@ホームカフェ様http://www.cafe-athome.com/ですー。
 @ホームカフェ様は、いわゆる御三家カリスマメイド様が出揃った後、メイド関連様としては後発なほうですー。
 また、新規参入でしたので、プロデューサー様は別として、メイド様は新米メイド様だけで、カリスマメイド様はおりませんでしたー。
 このような状況にも関わらず、@ホームカフェ様は大成功を収めていますー。
 もちろん、ドンキの中という立地条件によるアドバンテージは存在していましたケド、それよりも大きかったのは、今はどうだか知りませんケド、少なくとも初期の@ホームカフェ様のコンセプトと、それに対する徹底度だったと思いますー。
 そのコンセプトとは、ずばり「誰でも容易にメイド様とおしゃべりできる」ことー。
 これがどれだけ画期的だったかというのを知るためには、当時の状況を書かなければならなりませんー。
 当時、メイド関連様でメイド様と親しくおしゃべりできるのは、よっぽどの常連様だけで、普通のお客様にとっては非常に敷居の高いものでしたー。
 ですから、メイド関連様にうかがったときにメイド様と親しげに話せる常連様をうらやましがる新人様という構図が存在していたのですー。
 一方で、それが行き過ぎて常連様とおしゃべりすることに夢中で、普通のお客様の注文もろくに取らない(そのせいで、もな兄を激怒させた)という某CC様のようなお店もあり、問題となっておりましたー。
 @ホームカフェ様は、この問題を一気に解消し、当時一部の常連様にしか許されなかったメイド様との会話を誰にでもできるようにしたのですー。
 つまり、そこには膨大な潜在需要があったことに気づかれたのですねー。
 しかも、この「メイド様とお話できる」というコンセプトに対しては、たとえば、全ての席はカウンター席で、メイド様は最低でも2席に1人つきました(もちろん、@ホームカフェ様より前からカウンター席が存在するメイド関連様もありましたケド、全席カウンターというのは@ホームカフェ様が最初でした)し、なかなか話せないシャイなお客様やメイド様に会話するきっかけを与えるため、メイド様とゲームというコンテンツを作るという具合に、徹底されていたのですー。
 さらに驚くべきことは、この「メイド様とおしゃべりできる」というニーズは、それがメイド様でさえあれば解消でき、特定個人である必要はなかったわけで、つまりカリスマメイド様が不要なシステムでもあったのですー。
 この@ホームカフェ様のシステムは既存あるいは新規のメイド関連様に多大な影響を与えましたー。
 実際、@ホームカフェ様ができてから、かなりのメイド喫茶様がカウンターあるいはゲームを導入されましたケド、あまり効果はなかったようですー。
 これは、初期の@ホームカフェ様が他の追随を許さないほどコンセプトを徹底された、つまり「真似できないような独自コンテンツ」を作り上げたのに対して、他のメイド喫茶様はその本質ではなく表面だけを見て模倣したに過ぎなかったためと思われますー。

 さて、次回はいよいよ最終回、今回の対極の形でコンセプトベースを実現されているお店について書きたいと思いますー。
posted by もなみ9歳 at 23:04| Comment(4) | TrackBack(0) | もな見
この記事へのコメント
それはいわゆる キャバクラ・・・・・
Posted by ξΦωΦ∬y-~ at 2007年08月17日 01:20
@の戦略はメイド萌えヲタというニッチな市場にこだわらず、水っぽさを加えて一般人やDQNまでターゲットにすることで成功したのではないだろうか。
それはDQNホイホイであるドンキの上という立地の有利さに加え、積極的なメディアへの露出という戦略が功を奏した事も忘れてはいけないだろう。
おそらく@の常連にメイド萌えは少なく、単に女としゃべったりゲームするのが楽しい一般人崩れが多いのではないだろうか。
以上、メイドカフェ入ったこと無いおいらが考察してみた。
あー、でもmiaカフェだったかな自衛隊の戦闘糧食が食えるイベント、あれはマジで行きたかったわ。
Posted by ニッチな軍ヲタ at 2007年08月17日 19:19
>ξΦωΦ∬y-~ 様
そう言われるだろうと思って、わざわざ「特定個人である必要はない」と書いたのですケド、気づきませんでしたかー?
個人の資質に大きく左右される(そしてそのための営業に必死な)キャバクラ様との決定的な違いがそこにあるのですよー。

>ニッチな軍ヲタ様
メディア露出は@ホームカフェ様が方向転換された後の話ですー。
だから、毎回のように「初期の」と付けたのですケド、判っていただけなかったようで悲しいですー。
ちなみに方向転換後は、「アイドルモドキの大量雇用によるプチカリスマメイドの大量生産で下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」という方策を採られたように思われますー。
Posted by もなみ at 2007年08月17日 20:54
>特定個人である必要はなかったわけで

今の3000円飲み放題だけで女の子と話したいだけの「渋い」客層には変わりありませんよ
どんな状況であろうとも指名なんてのは個人の好みですし

Σ 大別しすぎると接客商売なんて全部一括りになっちゃいそうですけど
Posted by ξΦωΦ∬y-~ at 2007年08月19日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5054132
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック