2007年08月27日

シビリアンコ

 えっと。
 改造内閣の組閣が発表されましたねー。
 今回、組閣の過程でごたごたが色々ありましたケド、一番注目されたのは、なんと言っても辞任を表明されていた小池百合子元防衛大臣様だと思いますー。
 この辞任については、賛否両論入り乱れていたみたいですケド、一番の問題はどこにあったのでしょうかー。
 それを知るために1つのキーワードを出したいと思いますー。
 そのキーワードは「シビリアンコントロール」ですー。
 シビリアンコントロールに関しては、やれ「軍事に従事する人間には発言権が無いこと」だトカ、それは間違いで、「軍事行動の最終的な命令権が政府や議会にありさえすればいい」トカ、「文民の指揮のもとに最高司令官を置かなければならない」トカ、運用論がいろいろあるみたいなのですケド、重要なのは運用ではなくて目的なはずで、じゃあその目的は「軍が政治に介入しないこと」に尽きるのですよねー。
 そして、このことが特に日本において重要なのは、いわゆる戦前の政治は軍によって介入されてしまう仕組みだったからですー。
 この点について、大筋を説明しますケド、かなり削ったにも関わらず長文になってしまいましたので、これに関する説明が不要なヒトは「続きを読む」してくださいー。
 大日本帝国憲法では内閣総理大臣様という役職を定義しておらず、あくまで国務大臣様の1人に過ぎなかった上、国務大臣様の任免権を持っていたのは天皇陛下のみでした(実際には天皇陛下は組閣表に対してOKというだけだったみたいですケド)ー。
 特に重要なのは免の部分で、たとえば一人の大臣様が内閣の意向に従わなかった場合、それを罷免することができるのは天皇陛下だけですので、閣内不一致として総辞職しなければなりませんでしたー。
 その上で、これは大日本帝国憲法に記載されているわけではないのですケド、軍部大臣現役武官制という、かなり特殊なルールがありまして、陸海軍大臣様は現役の大将様あるいは中将様でなければなりませんでした(注:このルールが一部変更されて、退役していても良かった時期も存在します)ー。
 その結果、たとえば海軍大臣様が内閣の意向に従わなかったら内閣総辞職しなければなりませんし、現役の大将様あるいは中将様が大臣就任を拒否したら組閣できなくて総辞職しなければならなくなるということなのですー。
 そして、実際に第二次西園寺公望内閣では、陸軍師団増設を拒否したところ、陸軍大臣様が単独辞任してしまった上、陸軍様が後任の大臣様を出さないというストライキを行って、内閣を総辞職させてしまったのですー。
 ようするに内閣は陸軍大臣様や海軍大臣様といった軍の意向に従わざるを得なくなってしまい、歯止めが効かなくなってしまったのですねー。
 この反省から、シビリアンコントロールというのが重要になったわけですー。
 以上を踏まえて、今回の騒動の発端を見てみましょー。
 ことの発端は、小池大臣様が防衛事務次官人事を行おうとしたことから始まりますー。
 さて、防衛事務次官様というのは事務次官様の中でも特別職で、立場としては防衛省の職員なのですねー。
 ですから、シビリアンコントロールの面から考えれば、その人事は大臣様が行うべきであり、軍職員である防衛事務次官様が介入してはならないのですー。
 にも関わらず、現役の防衛事務次官の守屋様が、安部総理大臣様および塩崎官房長官様に直談判した結果、事務次官人事が覆り、迷走しましたー。
 これは軍(自衛官)から政治への介入が行われたということになりますから、シビリアンコントロールができていないということになるわけですー。
 と、このことは、かなりのヒトが指摘されているとおりですー。
 ところが、もう1つの問題について指摘されているヒトを見かけないのですよねー。
 それが何かと言いますと、小池大臣様の辞任の理由ですー。
 朝日新聞様の記事から、辞任の理由を引用しますねー。
 >イージス艦情報流出事件に関連して(前略)防衛省内で誰かきっちり責任を取ったかと言えば取っていない。私はこの点の責任を取りたい。(後略)
 つまり、軍の起こした問題を大臣様が取ったわけですケド、これって自分の意向に従わない防衛大臣様だった場合、自衛隊様がわざと不祥事を起こせば防衛大臣様を辞任させられる、つまり軍が政治に介入できる悪しき前例を作ったということなのですよー。
 そういうわけで、今回の問題は、小池大臣様も含めた登場人物の全員がシビリアンコントロールをおろそかにしているという、しょうもない状態だったから起こったわけですー。

 もなQは、このことを特定アジア様のほうから指摘されたらどうするつもりなのか、どきどきですー。
posted by もなみ9歳 at 21:46| Comment(4) | TrackBack(0) | もな見
この記事へのコメント
文章は正しいのに、投稿するとデータが壊れて表示されないという謎現象がっ!
やっと上手くアップロードできたみたいですー・・・><
Posted by もなみ at 2007年08月27日 22:36
>情報漏洩で引責

言った意味と立場が最悪の結果に・・・
きっと言った本人は何も気付いてないとおもわれ
Posted by ξΦωΦ∬y-~ at 2007年08月27日 23:29
毒まんじゅうでも食べたのかと心配した俺が来ましたよ。
Posted by yura at 2007年08月29日 22:06
これに関連して?ですが、守屋次官が暴走しているようですヽ(;´Д`)ノ
何でも、守屋氏がマスコミ各社に勝手に『防衛省顧問として出勤する』と言いふらしていたそうでヽ(;´Д`)ノ
小池百合子さんが守屋次官の首を切ろうとしたのは結果的に正しかったのかもだけどどうやらツメが致命的に甘かったのは間違いないかもしれませんわね(´・ω・`)

http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20070901k0000m010111000c.html
Posted by 春歌W(ry at 2007年09月01日 01:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5231879
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック