2007年09月27日

ブログ幻想

 えっと。
 ここ数日、突然思い立ったように一言BBSを復活させたりしていましたー。
 何のためにこんなことをしていたかと言いますと、もなQがブログ化した理由にあります(なお、もなみはここで書いているブログという言葉は、MTなどのブログツールを使って書かれたテキスト群という意味で使っています)ー。
 そもそも、もなQをブログ化したのは更新頻度の上昇のためだったのですケド、やってみたら小ネタを書いても反応がゼロだったりして、結局更新頻度を減らしてでも長文を書くという、元のスタイルに戻ってしまったのですよー。
 その一方で、すごく強く感じたのは、ブログ化したら閲覧者様とのコミュニケーションが希薄になってしまったということー。
 もなみは、ブログ化することで、もっと閲覧者様とのコミュニケーションが取りやすくなるのではないかと思っていたのに、結果は逆だったのですー。
 これは一体どういうことなのでしょうかー。
 それを考えるに当たって、ブログの利点とは何かを考えてみたいと思いますー。
 ブログの利点としては、次の3つが挙げられると思いますー。
 1.誰でもタグを意識せずに自由に文章が書ける
 2.トラックバックによって相互リンクができる
 3.RSS配信によって更新情報を提供できる

 さて、1番目は、もなみがブログ化した理由だったりするのですケド、まず「タグを意識せずに」というのは、記事を作成する画面はhtmlエディタから毛を抜いたような代物ですから、入れ子になったときトカ、実際にはタグを意識しないわけにはいきませんし、そもそも例えばMTで用意されている文章加工機能のうち、どれくらいを使うかって、せいぜい画像の貼り付けとリンク作成くらいですよー。
 ですから、文章を書く上でブログから受ける恩恵って言っても改行タグを書かなくていいことぐらいだったりするのですー。
 また、自由に文章が書けるというのも、うかつに少数派を擁護するような意見を書けば、あっという間に炎上したりしますから、それはもう本当に気を使って書いてたりして、自由に書くことなんかできないのですよねー。
 じゃあ2番目はどうなのかって言うと、2004年末に書いたとおり、トラックバックは相互コミュニケーションとして期待していたのですケド、実際にはトラックバックスパムだらけで、まともに機能することはほとんどありませんでしたー。
 結局、3番目だけがブログの恩恵なのですケド、これもまたいろいろと問題がありましてー。
 「続きを読む」を作らない場合、RSSってブログで書いた全ての内容をCDATAとして配信してしまうのですよねー。
 ですから、閲覧者様にとっては、わざわざサイトにいらっしゃらなくても内容を読むことができる便利機能であっても、もなみにとってはコミュニケーションを疎遠にさせるという、ブログ化した意味とは逆の効果しかもたらさないのですよー。
 このような状況を解消するためにはどうすればいいのかというのを考えて、出した結論が一言BBSの復活だったのですー。

 そういうわけで、もなQは一言BBSの復活によって閲覧者様とのコミュニケーションも復活することを期待していますー。

~様:アメーバブログのFeedはひどい
名無しちゃま:やはりあれがくるもなだったのね・・・
petaたん:だとすると、アフィリエイト←サイトに来させる←「続きを読む」なんてパターンもあるんでしょうか。
peta様:RSSにそんな規則が? (有名どこのツールがそうなってるだけかもしれませんが)
名無したん:「続きを読む」って、どのブログでも不便さが目立つ気がします。他の人はどうなんでしょうか。
うし様:気軽に一言がいいね。
名無し様:すいませんすいません、RSSで普通に読んでてすいませんでした!
(*゚ー゚)o様:お待ちかねでしたよーw
名無し様:一言BBS復活うれしやのー。もなっち頑張って!
名無し様:続きを読むってそのためにあったのね。ブログなんて10個も回らないんだけどいちいち押さないとといけないからめんどい。
TT-TTたん:私もコメントよりコッチの方が書き込み易い(敷居が低い)デス
名無し様:トラックバックのスパムは何とかならんものか・・・。
名無し様:くるもな久し振りー
名無し様:WWWC使って訪問する派の俺はマイノリティ
posted by もなみ9歳 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | もな見
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5617580
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック