2007年10月26日

高画質は本当に必要?(前編)

 えっと。
 唐突ですケド、最近のトレンドとして「ユーザー様は高画質を求めている」というのは常識ですよねー。
 その証拠もいくつかありますー。
 ちょっと古いですケド、1年ちょい前に行われたインプレス様の「大画面テレビについて」というアンケート結果を見てみましょうかー。
 この中の「大画面テレビを選ぶときの優先順位」というのを見てみますと、インプレス様でもgoo様でも、どちらでも30%以上ものヒトが「画質」と答えていますー。
 また、他のところで行われたアンケートを見てみても、基本的に「画質」は上位に食い込んでいますー。
 今度は別の資料を見てみましょー。
 今年5月に公開された総務省様の「地上デジタルテレビ放送に関する浸透度調査の結果(PDF)ですー。
 これによりますと、地上デジタルテレビを視聴したヒトの満足度調査では93.7%のヒトが画質を挙げていますー。
 ほら、高画質が重要でしょ?
 ・・・本当に?
 同じ総務省様の調査結果のうち、デジタル受信機の購入動機を見てみましょうかー。
 「故障など買い替え時期だった」からが40%を超えており、「地上アナログテレビ放送終了を見越して」というのが33.2%、「薄型テレビが欲しかったから」が32.6%ー。
 画質に関係ありそうなのは「ハイビジョン放送などを見たかったから」の30%ですケド、これには「など」という言葉が入っていて、ハイビジョン放送でしか流れていない特定番組を見たかったからという理由「など」も含まれているのではないかと思います(もな兄がBSチューナーを購入した理由がそれでしたし)ー。
 結局、データからは、すでに購入したヒトの購入理由の大部分は故障トカ地上アナログが廃止されるトカ、そういった理由で「仕方なく」購入しているということが見えてくるのですー。
 これは何を言っているかと言いますと、高画質は、購入された方の満足度には貢献していても、購入されてない方が購入する動機にはなっていないということなのですー。
 今度は受信機をまだ購入されていないヒトがいつ購入する予定なのかというデータも見てみましょー。
 「年内に購入する」は、たったの3.2%しかなく、「居住地域に放送が始まっていない」という15.7%を潜在需要としても19%。
 「安くなったら購入する」という29.2%に関しては、このアンケートの時点でデジタルチューナー付きプラズマテレビは37インチで15万液晶テレビは32インチで10万も出せば買えたのですから、どこまで安くなったら買うのか不明なのですケド、これを潜在需要として加算しても48.2%ですー。
 ユーザー様が高画質を求めているのであれば、もっと需要があっても良いはずなのですケド?
 さらに致命的なデータもありますー。
 博報堂HDY様が今年の7月にインターネットを用いて行った「地上デジタル放送浸透度調査」ですー。
 これによるとすでに見ているヒトが30%もいらっしゃる一方で、デジタル放送に切り替わる2011年まで待つというヒトが40%近くに増えているのですよー。
 もちろん、地上波デジタルは双方向通信トカもあって高画質だけが売りではありませんケド、高画質は地上波デジタルの大きなセールスポイントのはずなのに・・・

 さて、もなQは明日は別の視点から「ユーザー様は高画質を求めているのか」を検証したいと思いますー。

もなみ:同じサイズで考えるとすでにアナログより安かったんですケドねー。
名無し様:安さを求める人はアナログと同価格か安くならない限り買わないでょう。そして高くても買う人はデメリットを知ってるからやっぱり買わない。
にゃ様:地上波終了までねばると機器購入の補助金が出るのでしょうね
もなみ:なお、対応が遅れたのは、現在自動更新システムのテストをしているためですー。
もなみ:もな兄がプロテクトコードを打ち間違えるというミスをしたおかげで1時間以上に渡って一言BBSが表示されなかったことをお詫びしますー。
名無し様:多分3万円くらいにならないと「安値」を重視する人は買わないかと。結構な家庭でまだ14インチのブラウン管が使われていると思われ。
名無し様:結局見る側は高画質で見たいソフトがあるのか?だし作り手側は高画質で作りたいものがあるのか?というのが非常に疑問
名無し様:初くるもなげっとー
posted by もなみ9歳 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | もな見
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6199137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック